うみとかぜと

鎌倉に住んで早3年、何度見ても飽きない海の近くに住んでいます。鎌倉、逗子、葉山などの情報も発信、写真などが多いです。

前十字靭帯損傷からACL再建の入院から費用まで

今年の3月に全十字靭帯を損傷したのでその黙示録をここに記します。

 これから、前十字靭帯の手術を受けるよって方の励みや参考になれば幸いです。ちなみに私の場合入院期間が長い1ヶ月です。

 

おおよその流れ

3/19 苗場スキーにて転倒、暫く動けず三連休でしたがスキーは中断

3/22 連休開けに東急病院へ、腫れていたため膝の水抜き(とっても痛い)後にレントゲン→何も映らず靭帯損傷の疑いありとの事、MIRを進められ予約

3/26 MIR撮影、初めての大きい音にビビる

3/29 前十字靭帯損傷と診断、手術を進められパニックになるが一旦帰宅。手術方法とか詳しく調べる

4/1 皆の勧めもあって手術を決断…まだ波乗りとかもしたい。が、その後そんな辛い日々が来るとは思いもよらない。

4/5 手術前検査

4/25 入院 夜は食事なしのos1を二本摂取

4/26 昼過ぎACL再建手術、全身麻酔にて…目が覚めると同時に激痛、座薬と体から沢山出てる管…おなじ体制しか出来ないので寝かけてビクッってなって激痛起きるの繰り返し

4/27 激痛で動けず、カテーテルを抜かないでと切望(車椅子乗れる状態じゃない)

4/28 体の管という管が全部取れる。足は燃えるように痛む。そんなに痛くないって言ってたやつに殺意

車椅子に乗れるようになる。

4/29 GW突入…生理へ突入、つらたん。リハビリとCPM機械を行う。やっと食欲が戻る

 

5/26退院 片松葉 実家が階段が多いので帰宅に一ヶ月もかかってしまった。

 

入院の持ち物

 ■着替え ネグリージェがお勧め(ズボンなんて手術後履ける状態じゃない)

■運動靴、クロックス

■暇つぶしアイテム ゲームやパソコン

■イヤホン (基本病院内は音だし厳禁)

■ポケットワイファイ (あれば)

■ドリンク

■折れない心 (手術後暫く不安に駆られます)

現在の状態

現在もリハビリを週1くらいのペースで通院

自宅でリハビリや膝曲げストレッチや筋トレを行う。が、未だに110度以上曲がらずに不安…

階段は上りは片足ずつではなくなったが降りはまだ難しい(膝が曲がらない)

110度以上に曲げようとするとまだ痛み、雨の日とかは常時ズキズキとしたような痛みがあるような気がします。

 

治療費

月をまたいでしまったので4月が10万、5月が20万。(保険で5月は12万くらいになってたかな?)それと別に食事代が3万、膝の装具が10万(保険で戻って実質3.5万)

全部で約30万近くかかりました。保険も一部で帰ってきましたが、装具に限っては先払いなので痛いところ…。

東急病院は大部屋だと料金がかからないので助かりましたが冷蔵庫とテレビが有料。飲み物は冷蔵庫にいるのでその分プリペイドカードが1.5万くらいかかりました。服は親にあら待ってもらってましたがレンタル等はさらにお金がかかるのかな。

医療費控除で戻ってくるといいな…。

一応医療用の保険に親が入れてくれてたので現在は元のお金より戻ってきている気がします。感謝!

 

入院先の東急病院

東急電鉄グループが経営している病院

執刀医は女医の先生、膝の専門医だそう。

整形外科にて、綺麗な病院ですが外に散歩が出来ない。食事も比較的美味しい方で退院時は体重がむしろ増えてた←

看護師さんも若くて可愛い子が多い!とほかの患者さんが豪語してた(笑)

リハビリ専用の部屋とリハビリスタッフがいる。各階に自動販売機、休憩所有り。

2階の受付スタッフ等はダメダメで意思疎通が難しい。柔軟ではない。そこに一番イラついた。それ以外はほぼ問題なし!

麻酔科の先生の点滴針を指すのがいつも親指の付け根のとこらしいが、そこだけ不便だから変えて欲しい…(もう手術ないことを願うw)

ほかの患者さんも優しい方が多いので、落ち着いて過ごせた。

2階のコンビニはあまり期待できない。が、あるだけでまじ神。

大岡山駅の上にあるのでお見舞いの利便性はいいです。ほぼお見舞い来なかったけどw